お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  三人家族

 私がはっきりと覚えている母から受けた初めてのお仕置き、それは小学校3年生の時だった。私は母と些細なことで口げんかになった。
「出て行きなさい!」
 私は母に言われた通り家を飛び出した。その頃から、私は強情でちょっとつっぱったところのある女の子だった。私は家の向かいにある神社の物陰に隠れていた。しばらくすると、母が私を呼ぶ声がする。私は母の声を無視してなおも隠れていた。母が私のことを心配し始めていることはわかっていた。やがて隣家のおばさんがうちにやってきて、玄関先で母と何か話し始めた。どこかソワソワしている。もう出ていかないとさすがにまずい。おばさんが帰る時を見計らって私は家に戻ることにした。
「ママ」
 私は家の中に戻ろうとする母を呼び止めた。母は私の方に振り向くと、駆け寄ってきて私を抱き上げ、ギューッと私を抱きしめた。母はしばらくその手を緩めようとしなかった。

 でも母は甘い人ではなかった。犯した罪は罰で償わせる、それがその時からの母の私に対する躾だった。次の日、学校から帰ると私はダイニングの椅子の背に俯せに乗せられた。お尻の位置がちょうど椅子の背の上にくるように私は必死に爪先立ちし、両手で座面の左右の手前の方を握った。母は私のプリーツスカートをめくると、籐の布団叩きで私のお尻を打ち始めた。パシッ! あまりの痛さに息が詰まった。パシッ!
「ママー、ごめんなさい!」
 少しでも母の心証をよくしようと私は必死だった。パシッ! 母は3発目を叩き終えるとその手を止め、布団叩きを手放した。そして私の両肩に手を置いて、私の眼をじっと見つめて言った。
「ママを心配させないのよ」
 私は急に涙がこみ上げてきて、母の胸に顔を埋めて泣いた。

 小学校の頃、私は母によくお尻を叩かれていた。叩かれるのはいつもお尻。一緒に買い物に行った近所のスーパーでぐずって、路上でお尻を平手打ちされたこともある。私は痛いというよりびっくりして泣き止んだ。娘の躾には人目もはばからないという母の強い意志に驚いたのだ。習い事に行くのを嫌がった時は母の膝の上に乗せられ、裁縫用の竹の物差しでお尻をピシャピシャと叩かれた。お尻をいっぱい叩かれた次の日は、学校で椅子に座るのが辛かった。
 もう小学校も卒業が近づいたある夜、お風呂に入ると、私のお尻の真ん中に紅葉のような母の手の跡がくっきりとついていた。さっき口答えして母に追いかけられて捕まり、ソファの肘のところでスカートをめくられて平手打ちを何発ももらったばかりだ。それを見たとき、私は妙な気持ちになった。いつまでも母にしっかりと支配されているような、守られているような、窮屈なような、安心なような。私は一人っ子。両親は私のことしか眼中にない、それは子供の私にもよくわかった。一方、小学校の頃の父は門限破り以外で私を怒ることはなかった。

 私の母は管理教育の世代である。母からときどき中学時代の話を聞くことがある。
「全校での持ち物検査が月に1回あってね。そこで爪の長さからスカートの丈から全部調べられるのよ。そして違反の数だけ、その場でケツバット」
「ケツバット? まさか金属バットとか?」
「じゃなくて、1メートル定規とか木の棒とかなんだけどみんなケツバットって言ってたのよ。その時にはみんなスカートの下にブルマーをはいてくの。そうすると少し痛み避けになるからね。授業で忘れ物すると、ビンタかケツバット、どっちか選ばされたり。あたしは顔はイヤだったから、いつもケツバットの方を選んでたわ。でもケツバットの方がほんとは痛いのよ」
 母はなんだか懐かしい思い出のように楽しそうに話している。
「ママはイヤじゃなかったの? みんなの前でケツバットなんて」
「昔は先生は絶対で、偉くて怖いもので、お尻ならちょっと痛いけどまあいいじゃんみたいな感じかな。恥ずかしかったのは男の子にからかわれたときね。ピチッて凄え音してたぞ、とか。それから大人になってからのクラス会で、ケツバット女って言われた時ね。確かに忘れ物の女王で週に1回はやられてたわね」
 母はケツバットした先生はイヤな先生ではなく、生徒に嫌われてはいなかったという。むしろいまではいちばんよく思い出す先生で、クラス会では多くの教え子が集まってくると言った。

 中学校に上がるとき、私はある進学塾に通うように父から言われた。事実上の命令だ。その塾は神戸・明石地区を本拠に全国展開する、小学校から高校までの一貫教育をモットーとする歴史あるスパルタ塾だ。じつは母がここの塾生だった。母の時代のスパルタぶりは凄まじかったらしい。宿題を忘れたり、毎日行われる漢字のテストで満点が取れないとその点数の分だけ、さらに学校の中間・期末テストの点数が85点未満だとやはりその点数分、「ケツバン」というお仕置きが待っている。教室の前の黒板に両手をつかされて、幅広の分厚い板でお尻を叩かれるのだ。それを聞いた時、私は背筋が凍る思いがした。
「U子、大丈夫よ。それは昔の話。前に言ったように、ママはこれから勤めに出るでしょ。あなたの勉強まで見てられないのよ。U子だって、自分の夢を叶えるためには必要なことだってわかるわよね」
「うん」
 私はうんとしか答えようがなかった。
 私は中学生になり、噂のスパルタ塾の授業も始まった。休み時間とかは私の中学校と何ら変わらない和気藹々とした雰囲気だった。ところが授業が始まると、その雰囲気は一変する。シーンと静まりかえった教室には、講師の声と板書の音以外は何一つ聞こえない。とても私語を交わしたりよそ見をしたりできる雰囲気ではない。
 この塾には指導の柱が2つあった。「宿題点検」と「確認考査」といわれるものだった。「宿題点検」とは生徒一人一人の宿題の解答をチェックし指導するもの、「確認考査」とは一週間に一度生徒の理解度を測るドリルのようなものだ。じつはこのできが悪い生徒には、恐怖のお仕置きが待っていたのである。最初の確認考査で合格点を取れなかった生徒が私を含めて4人、教室の前に並ばされた。私は教室の右端に立っていた。これから一人ずつ、講師が立っている左端のあたりの黒板の桟に両手をつかされて、プラスチックのバットでお尻を叩かれるのだ。ママに騙されたよ、今でもお仕置きあるじゃんよ!
 男の子2人が叩かれて自分の席に戻った後、私の前の3人目は女の子だった。その子はなんと、黒板に両手をつくことを拒否した。講師は憮然とした表情で言った。
「Y子、授業が終わったら教育指導室へ来い!」
 そして最後の私の番になった。一番端に並ばなきゃよかったよ。私だけ教室中の視線一身に浴びて、これからお尻叩かれるの? 私は頭に血が上ったような放心状態、心臓ドキドキのまま黒板の桟に両手をついた。いつ叩かれるんだろう。素振りでもしてるのかしら? その時、バシッ!という音がして講師のフルスイングのバットが私のお尻を捕らえた。痛っ! 思わず黒板に両手をつき直して深呼吸。さてこれから自分の席に戻るためには振り向かなきゃならない。その時、みんなと視線が合うな。私は覚悟を決めた。努めて平常心を装おうとしたが、顔が紅潮しているのがわかった。
 ともかく自分の席にまでたどり着いて座った。お尻がまだホカホカしている。教室もなんかざわついたままだ。みんなにいつまでも見られているような自意識を必死に振り払い、私は授業に集中しようとした。その時、私はY子の方を見た。彼女だけが一人暗かった。

 放課後、Y子は教育指導室に呼ばれた。私は一人残ってY子を待った。教室の前で同じ一列に並ばされた仲だ。なんか気になってほっとけない。10分ほどしてY子が戻ってきた。涙ぐんでいる。
「大丈夫? 結構長かったね」
「うん。U子ちゃん、あたし、ずっと叩かれちゃったよ。態度が悪いって叱られて」
 Y子はお尻に両手のひらを当てるしぐさをしながらそう言った。

 母は残業で帰宅の遅くなる日が多くなり、むしろ父の方が帰りが早いことがしばしばだった。父は私の中学での成績をひどく気にかけていた。そして門限の掟だけは中学になっても生きていた。塾や部活のない日は夜7時、遅れる場合は正当な理由を前もって報告すること。でも中学になれば新しい遊び友達もできるし、寄り道もしたくなる。そしてとうとう、まだ1学期のうちに私は門限の掟を破ってしまった。
「U子、パパが怒ってるのは今日U子が門限を破ったからだけじゃない。お前、塾でもあんまり身が入ってないそうじゃないか。一昨日も宿題を怠けて、先生にお尻をひっぱたかれただろ!?」
 やばい! 塾でのことが筒抜けになってる。それから父は、太宰府で合格祈願に買ってきたという大きなしゃもじのような板を取り出した。
「パパ、何これ?」
「知らないのか? 尻たた木だ」
「尻たた木?」
 よく見るとその平たい板は、先の方が人間の手のひらの形をしている。その指のところに「学業成就」「太宰府」とあり、腕の方、取っ手のあたりに「一打入魂」「入試合格」と書いてあった。そして中央に大きく白抜き文字で「尻たた木」。これはジョークで、入試祈願の受験生が買っていく土産物だ。でも実用にも使おうと思えば使える恐ろしいグッズ。父はその取っ手のあたりを手にとって私に言った。
「ママは新しいお仕事で大変だからな。少しU子を甘やかせてしまったかもしれない。ママにも、もっとU子に厳しくしろって言われてるんだ。U子! テーブルに両手をつきなさい!」
 従うしかなかった。私は言われた通りにしてデニムのショーパンのお尻を父の方に向けた。バシッ! 尻たた木が私のお尻に飛んできた。バシッ! パパの手のひらよりずっと大きくて硬いよ。バシッ!
 私のお尻がジンジンと痺れ始めた頃、お仕置きが終わった。痛いけど、相手が父じゃ叱られても仕方ないなと思う。
「パパ、これからはもっと勉強身入れて頑張ります! 一打入魂、痛かったよ」
「そうか、痛かったか。じゃあ効き目はあったわけだな」
 また私が怠けたり門限を破ったりすればこれを使ってお尻を叩くぞ、父はそう言わんばかりだった。

 中学での3年間、私はこの尻たた木に散々お世話になった。お世話になったおかげで一打入魂か百打入魂か知らないけど、志望の県立高校に入学できた。これでやっと父と母のお仕置きから解放される。でも例のスパルタ塾の高校部にも通うことに。高校部にもプラバットのお仕置きがあるという。
「お尻を叩かれることは別に恥ずかしいことじゃないの。いつまでたってもお尻を叩かれるようなことをしているあなたが恥ずかしいのよ」
 母はそう言うんだけどさ。同じ高校部にはあのY子も通う。中1のとき泣きべそをかいていたY子も、ずいぶんと打たれ強くなった。お互いのお尻もあと3年間の辛抱だ。

 高校の入学式、母は仕事を休んで来てくれた。父は何か秘密のプレゼントを、私のために用意してくれているという。プレゼントって、まさかまた尻たた木じゃないよね、パパ。







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル