お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  フロアマークを見つめて

 私の名前はミキ。茨城にあるT大学の舞踊学科で、もうすぐ4年生になる。その日、私はN女体育大とのジョイントによる4年生の卒業公演に向けた最後のリハーサルに汗を流していた。私はその N女の卒業生、カオリ先輩とお昼を食べていた。カオリ先輩は1年間のフランス研修を終え、この公演の振り付け指導に参加していたのだ。

 一昨年の夏、私とカオリ先輩はジュンコ先輩とともに熊野にある舞踏集団、B塾の夏季合宿に参加した。めちゃくちゃ厳しい合宿で、私たち拙い下級生を体を張ってかばってくれた2人の先輩を私は姉のように慕うようになった。
「もうすぐ4年かあ。カオリ先輩たちは進路には悩まなかったんですか?」
「全然。だってあたしたち、ダンスしかできないんだもん」
 カオリ先輩があっけらかんと言う。
「でもミキちゃんにはさあ、あたしたちと違ってその賢いオツムがあるんだから、そのオツムを生かす道もあるんじゃないの?」
「あたしもダンス続けますよ」

 舞踊学科の場合、民間企業への就職は少ない。そのまま大学院に進むか他の舞踊団に所属してダンスを続けるケースが多い。ダンサーの世界は狭い。私の大学はつくばの田舎だけど国大なので文系も理系もいるし男子も多い。でもN女の先輩たちは、失礼だけど普通の男の子と知り合う機会はほとんどないんじゃないだろうか? 例えばジュンコ先輩の場合、大学のそばに住んで、大学で練習して、なるべく学食でご飯を食べて、あとは週に2,3日ダンススクールの講師として働く。それ以外の場所にはほとんど行ったことがないという。収入は、講師の他は舞踊団での公演と親からの仕送りだ。N女体育大が舞踊団を抱えているのだ。
 だからダンサーはダンサー同士で結婚することになる。ダンサーがダンサーとしか結婚しない理由は他にもある。ダンサーの生活の中心はすべてダンスだ。体のライン、特に指先のラインが崩れることをダンサーは極端に嫌う。ちょっと重い荷物は持ちたがらないし、炊事もしたがらない。もちろん子作りは御法度。それが一般男性には自己中に見えてしまうのだ。地方都市に移り住み、ダンススクールなどで細々と生計を立てる夫婦も多い。

 なかなか先の見えない職業だが、カオリ先輩はもうそこそこ自立している。ソロでも舞台に立っているし、振り付けの依頼もこなしている。ジュンコ先輩も順調な方の部類だろう。秋田の新聞社主催のコンクール、ソロの部で新人賞を取り、神戸で開かれる今年の夏の全国舞踊コンクール、シニアの部ではグランプリを狙っている。そして10月からは、文化庁の新進芸術家海外研修制度で1年間パリに渡る。一昨年にカオリ先輩が使った制度だ。
 カオリ先輩のダンスは独創的でエネルギッシュ、見る者を惹きつける力を持っている。この間のアルゼンチンタンゴとのコラボは好評だった。一方、ジュンコ先輩はどこか恥ずかしげで自信なさげな影がある。舞踊団を率いるN女のレイコ先生は、そんなジュンコ先輩を、まだ一つ殻を破れていないと見ているようだ。でも私は、ジュンコ先輩のダンスはどこか内省的な感じがして好きだった。じつは私と同じようなコアなファンが、ジュンコ先輩の周りには少なからずいた。

 ある日のこと、舞台が終わった後のジュンコ先輩の楽屋を訪ねたことがある。私はそこで妙なものを発見した。ボロボロになったドレスだ。
「ジュンコ先輩、何ですか? これ」
「ファンの男の子のプレゼント」
「プレゼントって、バカにしてるんですか?」
「違うのよ、ミキ。ぜひこれを着てあたしに踊ってほしいって言うの。虐待された少女の役で」
 私は思わず噴き出してしまった。
「その子、なかなか鋭くないっすか? ジュンコ先輩、そういうの似合いますよ」
「もう、ミキったら。その子、シナリオまで書いてくるのよ。それ見たらさあ、いくらなんでもヤバイって。SMショーじゃないんだから」
「ジュンコ先輩、そのシナリオ見せてくださいよ」
「やだよ! 見せられないって!」
 ジュンコ先輩は少し赤くなっている。その時、ふと可愛いなと思った。私は去年の夏合宿を思い出していた。合宿も中日を迎えた頃、疲労困憊気味の2人の先輩のことが気になって、ジュンコ先輩の元を訪ねたことがある。ジュンコ先輩は私の肩に手を置いて、逆に私を慰めてくれた。あの手の優しい感触が、まだ私の肩に残っている気がする。

 神戸の夏のコンクールが近づいてきた。このコンクールに、ジュンコ先輩は並々ならぬ覚悟で臨んでいた。ここでグランプリを取ってパリに渡りたい、絶対に負けられないと。私もジュンコ先輩のために何かしてあげたい。コンクールが近づくと、私はお弁当を作ってつくばから三鷹のN女の稽古場まで駆けつけた。私は部外者だが、特別に入れてもらった。
 カオリ先輩にアドバイスをもらいながらジュンコ先輩は全体の構成の微調整に入っていた。窓辺から差し込む夏の夕日に滴る汗が光る。心臓の鼓動が聞こえてきそうな張りつめた空気の中で、ジュンコ先輩は伸びやかに跳躍し、そこから地を這うような静の動きに転換する部分を繰り返していた。綺麗だな、ジュンコ先輩。私は床のフロアマークをぼーっと見ていた。
 その時、私の肩に手がかかった。驚いて振り向くとカオリ先輩だった。
「どうした? 進路のことか?」
 私が何か悩んでいるように見えたのだろうか。
「……」
 カオリ先輩の表情が曇っていく。何か喋らなきゃ。
「カオリ先輩、先輩たちは恋愛なんかしてる暇ないでしょ?」
 なんか変なこと言っちゃったな。
「ミキ、好きな人ができたね」
「いえ、そんなんじゃないんです」
 私は会話を荒っぽく打ち切って立ち上がると、ジュンコ先輩の方に向かった。

 ジュンコ先輩のことが、私の頭の中から離れなくなった。いつか写真で見せてもらったジュンコ先輩の生まれ故郷、上州の風や谷川の雪解け水や高山の深閑とした空気を思った。その中に、麦わら帽子とフレアのスカートが似合う少女がちょこんと立っている。そしてピンクのカーディガンを羽織り、紫のバッグを提げている今日のジュンコ先輩。ああ、どうしよう。
 私も人並みに男の子とは付き合ってきた。でもいつも告白される立場で、いま思うとなんとなくそれなりに楽しく時間を潰してきただけのように思う。告白する側の男の子の気持ちが初めてわかった。
 部屋の明かりを消す。つくばエクスプレスの終電車だろうか。レールの響きは西へと消え、やがて静寂と暗闇だけが訪れた。眠れない。切なくて何もする気になれない。音楽を聴く気にも。ともかくいまはジュンコ先輩の心を乱すようなことはできない。コンクールが終わるまでは。じゃあコンクールが終わったらどうするの? 10月にはジュンコ先輩はパリに行ってしまう。

 いよいよコンクールの日がきた。私もカオリ先輩も神戸に駆けつけた。ジュンコ先輩はシニアモダンダンスの部の最後を踊る。やはり本命なのである。演目は「麦畑の雨」だった。

 陽の光を思わせる虹色の光の束の中、白い衣装のジュンコ先輩が舞った。麦の妖精だ。器械体操で培った高い跳躍力としなやかな手足の動きに魅了される。アップテンポのダンスだ。その時、突然雷鳴が轟き、妖精は地面に倒れ伏す。照明が照度を大きく落とし、舞台にはおどろおどろしい音楽が鳴り響く。やがて妖精は、地面を這う幼虫のような動きを少しずつ見せ始める。緩やかな回転運動に細かく震えるような指先、大きく見開かれた眼。B塾で学んだ舞踏の動き、バリでのレゴンダンスの修業などが生きていた。他の演技者には見られなかった存在感だ。やがて陽は少しずつもとの明るさを取り戻し、幼虫は脱皮して麦の妖精に帰る。最後はバレエのようなややコミカルなステップを踏んで演技は終了した。

 その瞬間、私もカオリ先輩もグランプリを確信した。こんなに堂々としたジュンコ先輩を見るのは初めてだった。ジュンコ先輩のダンスは高い評価でグランプリに選ばれた。
 表彰式のジュンコ先輩、なんだかいつもと違う。妙に落ち着いている。どこか潔くて、まっすぐで、ほんとうに綺麗だなと私は思った。
 表彰式が終わると、私は花束を持って楽屋に駆けつけた。
「ジュンコ、今日はよかったぞ」
 カオリ先輩の言葉にジュンコ先輩が笑顔で応えていた。
「ジュンコ先輩、おめでとうございます」
「……」
 ジュンコ先輩は眼に涙を溜めて私を抱擁してくれた。私は胸が大きくときめいた。その胸の早鐘のような鼓動をジュンコ先輩に知られたくないと必死で願った。 

 いよいよジュンコ先輩がパリに旅立つ日が来てしまった。それまで何度も告白しようと思ったけど、やっぱり言えない。今日こそ告白しよう。それともこのままあと1日黙ってやり過ごした方がいいの? ジュンコ先輩のために? 自分に勇気がないからでしょ。気持ちの整理もつかないまま私は成田空港に向かった。
 空港にはもうみんな集まっていた。
「ミキー!」
 ジュンコ先輩が私にすぐに気づいてくれた。私は足早に出発ロビーのジュンコ先輩たちのもとに近づいた。そして言った。
「ジュンコ先輩、お元気で」
 その言葉の語尾も言い終わらないうちに、私の眼から涙が溢れ出した。どうしても自分の気持ちが抑えられない。このままジュンコ先輩と離れたくない。ジュンコ先輩は私の方に心配そうな眼差しを向けている。周りも何か変な雰囲気になってしまった。
 その時、見送りに来たジュンコ先輩のお兄さんの姿が見えた。ジュンコ先輩がそちらの方に眼をやった瞬間だった。誰かが私の肩に手をかけた。
「ミキ」
 カオリ先輩だ。カオリ先輩は少し離れた場所に私を誘導しようとした。
「ミキ、無理すんな。あたしがジュンコに話してみる」
「カオリ先輩、何を、ですか?」
「何をじゃないわよ。さっきからずっとハラハラして見てたのよ。ジュンコは鈍感だしさあ、ミキは一途だし。見てらんないじゃないよ」
「カオリ先輩」
「ミキも笑顔で見送るんだよ、いいね」

 しばらくして、パリに着いたジュンコ先輩から一通のメールが届いた。私は自分の気持ちを吹っ切るように、すぐに返事を書いた。

「ミキ、いろいろありがとう。
ミキはあたしと違って繊細だから、ジュンコお姉ちゃんは心配だぞ。
あたしのいまの恋人はダンスです。
日本に帰ったら、また一緒の舞台に立とう。
メール待ってるよ。

可愛い妹へ」

「ジュンコ先輩、メールありがとう。

あたし、いろいろ考えた結果、来年の春からN女の舞踊団でレイコ先生に師事することに決めました。
あたしもジュンコ先輩のように、自分の恋人はダンスだって言えるようになりたいです。

今年のパリの冬は寒くなりそうですね。
お体気をつけてください。

妹より」







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル