お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  神在月ナイトメア

 2009年11月6日、島根県境に近い広島県北広島町の臥龍山山頂付近で、女性の頭部が見つかった。翌7日、島根県警は記者会見し、広島県警のDNA鑑定の結果、10月26日から行方不明になっていた19歳女子大学生と確認と発表。死後1〜2週間経過しており、顔面には殴打痕と内出血の跡があった。
 広島、島根両県警は合同捜査本部を立ち上げ、本格的捜査に乗り出す。7日には左大腿骨の一部、9日に左足首、19日に爪が同山中から発見され、そのいずれもが女子大生のものと確認された。3カ月以上経過した現在、事件は未解決のままである。今回、私はこの事件の犯人像について、考えてみたいと思う。

 この事件は類い希な猟奇殺人なのだが、ネット上では警察の初動捜査ミスを指摘する声も多い。要するに、怨恨、男女関係のもつれなどの線から当初犯人に迫ろうとした。ところが、次々に発見される遺体の状況が尋常ではない。胸部がえぐり取られている。左大腿骨の肉の部分を鋭利な刃物で削ぎ落とした形跡がある。内臓が抜き取られ、血抜きをされて、胴体には火で炙った跡がある。肉の一部はミンチ状にされている。そしてそれらの遺体は山中に無造作に放置されていた。
 警察は被害者周辺から犯人像を割り出すことができず、ゆきずりの変質者の可能性も視野に入れ始める。女子寮は市街地から離れた場所にあり、車を使ったナンパ目的の若者の姿がよく目撃されていた。週末には広島ナンバーもよく見られたという。では犯人はそうしたナンパグループ、あるいは近隣に潜む変質者なのか? 
 私は基本的に、警察の見立ては間違っていなかったと思う。しかし、なかなか犯人像に迫れない。この事件には犯人が仕掛けた大きな罠がある、私はそんな気がしている。いまだに被害者が当日、どんなルートで女子寮に帰宅しようとしたか、また連れ去り場所も特定できていない。この時点で、犯人大勝利である。なぜそういうことになったのか? それでは本題に入りたい。

 みなさんは、吉田有希ちゃん殺害・死体遺棄事件を覚えておられるだろうか。実は私が真っ先に連想したのは、この事件なのである。下校中何者かに攫われ、現場から65キロも離れた林道に有希ちゃんの遺体は遺棄されていた。その遺体は見晴らしの良い林道の木の根元に置かれ、体内に血液はほとんど残っていなかった。つまり、血抜きをされていたのである。
 気になった共通点を挙げておく。顔に殴打痕、頭部には他に目立った外傷なし。特殊な刃物を用いている(島根のほうは、どんな種類かの報道はない)。遺体を埋めていない。ほぼ完璧な血抜きをしている。発見したのはキノコハンター(有希ちゃんは野鳥ハンター)。刃物の種類も気になるが、血抜きなど誰でもできる技ではない。医学関係、食肉・漁業関係あたりが思い浮かぶ。有希ちゃんの事件はいまだ未解決である。
 ここで、この事件に関するあるプロファイルを紹介しておきたい*。作者の青山曜三氏は、世田谷一家殺害事件に関して「山上の木」という興味深いプロファイルも書かれているので、関心がおありの方はぜひ読んでいただきたい。
 犯人は連れ去り現場から65キロも有希ちゃんを運んで、なぜ遺体を埋めなかったのだろうか? これについて、青山氏はこう推理する。捜査の目が連れ去り現場に集中するのを避けたかったためではないか、と。犯人は、有希ちゃんの遺体を発見してほしかったのだ。その推理に立つと、犯人は二つの現場を共に知る者ではない。なぜなら二つの現場を共に知る者は、当然に怪しまれるからである。これが青山氏の犯人複数説の根拠になっている。

 ひるがえって、島根の事件を考えてみる。犯人は遺体をバラバラに切断し、内臓を抜き取って血抜きまでしながら、キノコハンターも通るような山中に放置した。現場はもうすぐ雪が降る季節だそうだが、自然現象になど頼らずに埋めるのが定石だろう。遺棄したのは未明とみられているが、最後の最後に時間がなくなって遺棄だけは杜撰になったのか? その可能性もなくはない。遺棄した者が下っ端の運搬係という可能性だ。無造作に遺棄された遺体だが、犯人に繋がる痕跡は見つかっていない。隠蔽工作は完璧である。一つだけ、NTTの電話帳の袋が現場から見つかったという報道があった。処理班が最後の最後にヘマをしたのかもしれない。もしそうだと大がかりなグループが組織されていた可能性がある。
 頭部の発見はこの事件が全国ニュースになった直後だった。この発見がその後の捜査に及ぼした影響は大きい。捜査員の大半は山中の捜索に動員された。それから冒頭で記したような発見が続くのだが、被害者の帰宅ルートの捜索がおざなりになってしまった感がある。寮付近の側溝から被害者のスニーカーの片方が発見されたのは、奇しくも山中の捜索打ち切りを決断した直後だった。これはどうやら1カ月前の捜索で見落としていた可能性が高そうだ。一度目の捜索はまだどの程度の事件性があるのか、半信半疑の段階での捜索だった。
 被害者の目撃情報も極端に少ない。浜田駅に向かう途中の、出雲大社分祀前での警備員の目撃情報があるくらいである。私はここには、警察の思い込みがあったのではないかという気がする。当初被害者は、バイト先から真っ直ぐ徒歩で寮に向かったと考えられていた。これだと、寮とは反対方向の出雲大社分祀前での目撃情報は別人ということになる。しかし、このルートの途中には暗く長い階段などもあり、友人がバイトを辞めて一人で帰宅することになった被害者には、危険で取りづらいルートだったろう。そこで出雲大社分祀前を通って浜田駅からバスに乗った。これが第2のルートだ。ところが、まだ人通りがかなりあるはずの浜田駅前での目撃情報がない。
 では、バイト先から知人の車にでも乗せてもらったのか? その可能性もある。だが実際には、第3のルート、第4のルートが存在していたようなのだ。出雲大社分祀前から浜田駅に向かう途中の交差点を右折する、このルートだと比較的明るく、第1のルートより徒歩で帰るのも抵抗が少ない、これは地元の人の情報である。あるいは途中のバス停からバスに乗ることもできた。いずれの場合も出雲大社分祀前の目撃情報とも符合する。
 ここで青山氏の推理を思い出していただきたい。遺体を埋めなかったのは、捜査の目が連れ去り現場に集中するのを避けるため。もしこの事件の犯人に同じ意図があれば、目論見は的中したといえる。事実、捜査員の大半は臥龍山のローラー作戦に駆り出され、スニーカーの発見は1カ月遅れた。聞き込みはバイト先と浜田駅周辺、第1のルートに集中していたようで、あらゆる可能な帰宅ルートを潰していたようにはどうも思えないのである。

 遺体の凄惨な状況は、捜査員の心証にも影響を及ぼしたであろう。捜査本部の見立ても、以後揺れ動いているように思える。レンタルビデオ屋の顧客情報を調べたり、全学生から任意で事情聴取を行ったり。当初の顔見知りの線も残しつつ、変質者の犯行も視野に入れ始めた。スニーカーについては犯人による後置き説もあるが、発見現場で拉致された可能性が高いとみているようだ。後置き説だとなぜこの場所を選んだのか説得力のある説明づけが難しいし、警察の監視下にある通学路でリスクが大きすぎる。もしそこが拉致現場なら、集団で待ち伏せして力ずくであろう。
 やはりそれでも疑問は残る。友人がバイトを辞めて一人で帰らざるを得なくなった被害者は、比較的外灯の明るい第3のルートで帰ることを思いついたとする。しかし、待ち伏せする側からすると、この獲物の捕獲方法はきわめて効率が悪い。空振りの可能性のほうがはるかに高いからである。
 私は学内に犯行を手引きした者がいるのではと疑っている。ここからはそれに関連することを書いていこうと思う。

 じつは私は、被害者の所属していたボランティアサークルに強い関心を持っている。被害者のボランティアへの思い入れは、半端ではなかったのである。ここでマスコミに載った被害者のエピソードをいくつか紹介しておこう。

・高校時代から海外ボランティアに強い関心があり、将来の留学に備えて貯金をし、友達との遊びも控えていた
・高校の夏休みでのバイト先の女将によると、昼休みには家に帰って勉強していた、「勉強道具を持ってきて、ここでやりなさい」と言っても、断ったという
・大学の寮では休日ほとんど外出せず、食費は月1〜2万円くらいで過ごすことも
・被害者の指導教官によると、授業も休まずまじめだが、「嫌いな学生には、そういうオーラを出してしまう」。目的意識のない学生は嫌いだったようだ

 被害者は関西学院総合政策学部にも合格していた。島根県立大を選んだのは、お金のこともあったと思うが、やりたいボランティアサークルがありロシア語も勉強できる、被害者にはベストの大学に映ったのであろう。
 ところが、わずか半年で退会届を出す。理由は、留学資金を貯めるのにアルバイトを増やすので時間がないため。しかし、これは方便だった。なぜなら県内の動物愛護サークルには、11月の祝日にボランティアしたいとの志願のメールを出していた。そればかりか、県外のサークルにまで集会への参加を打診していたのだ。
 被害者は退会届をメールで送付している。これも普通はないだろう。まして高校時代の女将の証言にもあるように、被害者はけじめを重んじるタイプの若者に思える。何か大きな失望が被害者を襲っていたのであろうか。
 少しこのサークルを調べてみたが、T教会との繋がりはなさそうだ。ただし、マルチの疑いはある。もっとも、それは日本中のこの手のサークルには言えることだ。自己啓発セミナーと称して多額の金を巻き上げ、なかにはその金のために風俗に手を染める者も少なくないという。このサークルの実態は不明だが、被害者との関係がギクシャクしていたことは推察される。

 もう一つこの事件を特徴づけているのは、被害者を誹謗・中傷する情報がネットで一時大量に流れたことだ。代表的なデマに、被害者が胸にタトゥーをしていたというものがある。被害者の胸は切り取られているのだが、果たしていつどこで見たのであろう。引っ越し業者が多数のブランドバッグを見つけたというのもあった。入学半年で多数のブランドバッグを所有するには、1カ月に1個のペースでなければ間に合わない。
 この手のデマに関して真っ先に思い浮かぶのは、桶川ストーカー事件である。また、あの忌まわしい女子高生コンクリ事件でも同じようなことがあった。前者は怠慢捜査に批判が集中することを恐れた埼玉県警の関係者が流していたといわれる。また後者の事件には100人以上が関わったともいわれ、犯行に加担した者が被害者を貶めようとした可能性が高い。
 私はこの事件にも同じ臭いを感じる。ありもしない人間関係をでっち上げて、捜査や世間の目をなんとか外部に向けさせたい、そんな必死さを感じるのである。被害者は大きなトラブルは抱えていなかった。別の言い方をすれば、小さなトラブルは抱えていた可能性がある。指導教官の言うように。
 でも些細なトラブルでこんな大事件を引き起こすだろうか? それは否である。しかし些細なことで反感を持った知人なりが、悪魔を呼び込んでしまう可能性はないだろうか? 「あの子、ちょっと怖い目に遭わせてやって」。軽い気持ちで発した一言が大事に至る可能性である。
 もう一度吉田有希ちゃん殺害事件の青山氏のプロファイルに立ち戻りつつ、私なりの事件の推理を述べてみたい。

 青山氏は、有希ちゃん殺害は複数犯としたうえで、血抜きをする主犯格、拉致犯、依頼者で構成されたグループだとする。私は犯行の動機を秘教的儀式とみる青山氏の説には半信半疑である。だが、島根の事件にはもう一つ動機として可能性があるものがある。あまり考えたくはないが、既に一部マスコミが報じたカニバリズムの可能性である。それならば、少なからずの潜在的嗜好者は国内にもいるであろう。そのような嗜好を持つ者同士が闇サイトで知り合い、意気投合し、ついには金を出し合って拉致犯と解体人を雇う。荒唐無稽とは言い切れまい。すでに闇サイト殺人は名古屋で起こっている。
 青山氏の言うように、血抜きは特殊な技術である。しかし、山陰地方にはマタギの風習が残っており、獣を解体できる小屋や血抜きのできる人もまだいるらしい。とはいえ人間を解体するとなれば、技術があるのとそれを実行するのは別問題ではあるが。このあたりも山間部は冷え込むので、廃屋よりは一軒家か別荘の可能性が高い。
 そして犯行グループは、浜田市内と臥龍山の地理、両方に精通している必要はない。むしろそうでないほうが、警察の追及をかわすうえで都合がよい。つまり、浜田班が拉致し、ほぼ面識もないような広島班に引き渡したと考える。
 実は事件の数日後の浜田駅前での不審な3人組の目撃情報が、一時マスコミを賑わせた。目撃者のタクシー運転手によると、小柄な女性の腕を一人の男が取り、もう一人の男が女性の反対側に立っている。目撃者によると、2人の男はオタクっぽく、このあたりにはいない感じだという。タクシー運転手の直感はバカにならないし、私も防犯カメラに写った3人の写真をネットで見たが、なんとも奇異に感じた。ところがその後、この女性は別人との情報が地元テレビで流れたらしい。私はこの報道には納得していない。男たちは私服警官で女性は万引き犯とのネットへの書き込みもあったが、それはないだろう。防犯カメラからさほど遠くない場所には交番がある。私服警官とやらは女性をどこへ連れていったのか? この2人の男は浜田班の可能性があるといまも思っている。

 ここにもう一人学内の関係者を加えると事件の構図が出来上がる、それがいま現在の推理である。そう考えなければあまりに不合理だからだ。
 被害者は同じ女子寮の友人と2人で夜のバイト先であるアイスクリーム店に通っていた。ところが、その友人が店を辞めた。被害者も一緒に辞めるつもりだったが、店長に説得されたのだろうか、1週間だけ一人でバイトを続けることになる。そのバイトを辞める正に前日、事件に巻き込まれた。こんな効率のいいピンポイント攻撃が偶然に起きるだろうか? そのことを知り得る者はバイト先の関係者か学内にしかいないだろう。共犯とまでいかなくとも、「今夜はあの子、一人で帰るよ」、そう犯行グループに伝えるだけでも貴重な情報になる。一人になった被害者の数日間の帰宅ルートを調査したうえで、バイトを辞める前日を決行日と定めたのではないか?
 学内では全学生が任意の取り調べ対象になった。だが、学生の肉声はネットにも聞こえてこない。箝口令が徹底しているのか、あるいは関与を疑われている人物が地元有力者絡みなのか。浜田市内で噂になっている学内関係者がいるとは聞く。

 そして吉田有希ちゃんの事件もいまだ未解決である。茨城・栃木両県だけでも若い女性、少女の未解決殺人事件、失踪事件が多数ある。ネットという新たな通信手段を得た殺人鬼は、県境を越え、いまアメーバのように全国に増殖しつつある、そんな憂いを抱く。

*吉田有希ちゃん殺人・遺棄事件について 
http://ncode.syosetu.com/n0706i/1/







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル