お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  沖縄の海は赤かった

 その年の1月16日、証券取引法違反容疑により、六本木ヒルズ内のライブヒルズ本社、及びライブヒルズを率いる時代の寵児だった堀井社長の自宅、新宿の事業所などに東京地検が一斉の家宅捜索を行った。
 ライブヒルズ社はプロ野球界への新規参入、レバレッジド・バイ・アウトによる放送局の買収などを次々とぶち上げ、前年の秋からは世界的なエレクトロニクス企業、ソニア社の買収に向けて水面下で動き始めていた。奇しくもその翌日の17日、ライブヒルズ側とアメリカの投資銀行リーガル・ブラザーズとのソニア買収に向けたキック・オフ・ミーティングが予定されていたという。
 そして2日後の18日、その事件は起こった。ライブヒルズ傘下、エス・エス証券・野田副社長が、沖縄のカプセルホテルで変死したのである。それを聞いたライブヒルズの堀井は、「マジかよ」と絶句したという。この事件を境に、それまで比較的オープンだった堀井のスケジュールは一切が公開されなくなった。
 結局沖縄県警はこの事件を自殺として処理した。

 俺は新聞系の週刊誌、週刊Yの記者だ。学生時代、うちでバイトしていたいまは琉球タイムスの文化部記者クミと、さっき久しぶりに那覇空港で再会したばかりだ。俺はこの事件の真相を探るべく、沖縄入りしたのである。
「クミちゃん、久しぶり。あんまり変わってないね」
「それ、子どもっぽいってことですか? 福本さんこそ、お変わりなく」
「俺、沖縄初めてなんだよ。観光といきたいけど、その暇もなさそうだな」
「福本さん、例のカプセルホテルの場所なんですけど、この辺では有名なとこですよ」
「知ってる。旭会のシマだろ?」
「みんな怖くてこの事件のこと、言えないんですよ」
「要するに誰も自殺だと思ってない、てことだな?」
「初め、第一発見者は女性従業員ということになってたんです。ところが現場に駆けつけた救急隊員の話とあまりに食い違うものだから、いつの間にか男性従業員にすり替わってしまった」
「野田氏はホテルの非常用ボタンを押してたんだって?」
「非常ベルは2度鳴ったそうですよ。2カ所の傷口はためらい傷なんてもんじゃなくて、魚をさばいたような感じだって、救急隊員の証言です。ホテル経営者に話を聞くと、『警察の判断を覆すことはできません。どうかお引き取りください。小さい社会なんで、私たちが生きていけなくなります』って言ったそうなんです」
「俺、ともかく現場見てくる。あとで電話するよ」
「お気を付けて」

 野田氏はしばしば仕事で沖縄に来ていた。そのたびに偽名を使っていたという。その仕事とは、不動産会社ダイナス社系列から発生した沖縄開発事業専門の会社、サイバーファクトリーの仕事である。エス・エス証券はサイバーファクトリーの事務幹事証券だった。野田氏は大証ヘラクレス上場時から、サイバー社と関わりを持っていたのだ。そしてダイナス社は、経済部関係の記者なら知らない者はいない、広域暴力団山岸組の息のかかった企業である。
 このサイバーファクトリーという会社がまたくせ者だった。ここの社長の半沢はタックスヘイブンの子会社をシンガポールに持ち、山岸組とも関係しているといわれる。何の歴史もない実態はトンネル会社なのだが、なぜか沖縄県が全面的に優遇措置を施し、沖縄指定暴力団の影もちらつく。
 半沢はまたエアーシャークという会社の社長でもある。それは航空ツアー会社だ。そして偶然にもエス・エス証券の社長澤井も、旅行会社エイチ・エス・エスから航空会社スカイエアー社を立ち上げた人物だ。澤井は旅行代理業、ホテル業、派遣斡旋業などを営む会社も擁している。半沢とほぼご同業なのである。2人の接点はいまのところまだ不明だ。
 そこで空港カメラに写っていたという、野田氏を出迎えた人物とは誰なのか? テレビ報道によると、那覇空港で出迎えたのは4人だという。そのうちの一人は半沢と考えるのが妥当だろう。エアーシャークの社長なら、空港のプライベートルームからの出入りも容易だからだ。
 ところでサイバーファクトリーだが、東証マザーズに上場したばかりのリキッドサウンド・ジャパンという会社に出資している。この会社、形の上ではアメリカのリキッドサウンド社の子会社なのだが、当の親会社は7%ほどしか株を持っておらず、筆頭株主は暴力団のビル不法占拠に関わっていたというスーパーステイという会社だ。要するにリキッドサウンド・ジャパンは親会社に名を借りた不透明な会社で、この実態のわからない会社の株価が一時、上場時の4倍に跳ね上がった。なぜか。株価を吊り上げて市場利益を貪るためだ。それに加担したのが沖縄開発を標榜したサイバー社であり、同社を優遇した政治家であり、その利権に与る暴力団だったのだ。沖縄開発事業には政治、民間、裏社会の癒着構造が透けて見える。
 かかる折、野田氏は検察の事情聴取を受けてしまった。しかし検察は、野田氏を出頭させるつもりはなかったという。野田氏死亡後の検察関係者の証言である。検察にとっては、野田氏聴取はあくまでもライブヒルズ事件の証取法違反容疑の傍証を得るためだったのだ。ところが沖縄開発事業に関わる闇の勢力は、野田氏から芋づる式にその実態が白日の下に晒されることを恐れた。

 現場から戻った夜、俺はクミを晩飯に誘った。
「福本さん、どうでした?」
「まあ予想通りかな。問題は殺し方だ。自殺に見せかけるなら絞殺、転落死、溺死、いろいろある。なぜ複数の場所を斬りつける方法を選んだのか? あのカプセルホテルの場所、例の暴力団の息のかかった場所なのはライブヒルズの役員だって知ってる。本命はライブの宮田取締役だったろう、内情をいちばん知ってるから。だが宮田のまわりには、もう検察が張り付いてて手が出せない」
「じゃ、野田さんは代わりに殺されたと」
「警告だ、脅しだよ。よけいなことしゃべるなよってな。わざわざ沖縄の暴力団が邪魔者を消すときの手口で」
「自殺認定前に殺害現場の状況が事細かにニュースに流れてましたよね」
「沖縄県警が必要以上の情報をわざとメディアに流させたんだよ。殺害の手口まで。その後はマスコミは用済みなのでスルーだ。それ以上情報を出すと、今度は不可解な死に対して再捜査を求める声が出かねない。それから沖縄県警は那覇警察に空港ビデオの管理を命じた。そこに必ず沖縄開発のキーパーソンたちが映っているはずなんだが」
「沖縄県警が隠蔽にもろに関わってる、というか、暴力団に協力してたってことですか?」
 驚くクミに俺は小さく頷いて話を続けた。
「野田氏がホテルまでタクシーを利用したって件も、俺は引っかかってるんだ。4人で出迎えてタクシーって変だろ? タクシーってのは野田氏の遺品から領収書が出てきたっていう警察証言からテレビが報道し、その後それを否定するニュースがまたテレビで流れたんだが。普通考えたら出迎えを受けた人間が料金払うか? 出迎えた方が払うだろ? もし領収書がほんとうにあったなら、野田氏はタクシー代をその後精算する気でいたことになる。これから死ぬ人間がか?」
「タクシーなら出迎えはなかった。野田さんも死ぬ気がないから領収書を受け取った。それならわかるわ」
「あるいはだ。そもそもタクシーには乗ってなかった。野田氏が一人で行動していたことを証明するために、警察が領収書の存在をでっち上げた。その後空港カメラに4人が映っていたことがばれて、辻褄合わせのために否定するニュースを流させた」

 俺はダイナス社のことが気になり始めた。ダイナス社の社長は覚醒剤所持で逮捕されたことがあり、山岸組のブラックマネーが流れているという。ハイテク暴力団の資金で株価操縦をして利益を得ようという、その箱がダイナス社だった。その箱をライブヒルズは200億で買い取った。地検捜査当局が動き始めたのはこの頃からといわれている。堀井一人の裁量ではないだろう。誰かが堀井たちを動かし、金をばらまかせて、利益を吸い上げている。それは誰なんだ?
 それにしても野田氏はいろいろなことに関わりすぎた。というか、関わらざるを得なくなった。エス・エス証券から航空会社、沖縄開発事業、暴力団。
 半沢は野田氏をわざわざ沖縄に呼びつけたのではないか? 「お前、よけいなこと喋ってないよな?」。野田氏はその疑念を払拭し、忠誠を誓うために沖縄まで出向いた。だが半沢たちは、初めから野田氏を消す気だった。
 ちなみに野田氏が沖縄に向かったのは朝。都内でタクシーを利用したが、そのチケットは偽名だった。そうまでしても沖縄まで出向き、釈明しなければならない事情があった。野田氏は事件当日、九州への出張予定があったのだ。それをキャンセルして沖縄に向かった。朝まで深酒をしていたそうだから、その前夜、沖縄行きを決意したのではないか? 寝過ごすことを恐れ、朝まで酒で時間を潰した。

 野田氏の亡くなる日、最後の日の携帯電話発信先がわかった。香港のゲイン証券である。ここにはエス・エス証券や台湾の銀行が出資している。台湾の銀行は国民党と繋がり、ゲイン証券は北朝鮮とのコネクションも有している。そしてゲイン証券はライブヒルズ社の上位株主であると同時に、アイ・シー・イーというマザーズ上場企業の大株主でもあった。いまは上場廃止になったマル暴銘柄である。アイ・シー・イーの役員に君臨していたそのいわく付きの人物は、京都の指定暴力団・会津小松会の関係者だった。会津小松は京都の町金を取り仕切ることで有名だ。俺はふと思った。ライブヒルズの副社長、熊野は旧三田銀行系列の証券会社に籍を置いていた。三田銀行といえば関西地盤でリテール業務に強く、京都の町金とも接点がある。熊野が何かを知っているのではないか?

「クミちゃん、俺、これから京都行ってみるよ」
「え、京都ですか? 何かわかったんですか?」
「わかったのは闇が深いってことだけさ」
「野田さん、沖縄に死にに来たようなもんですよね」
「なぜ沖縄なんだ? ライブヒルズの堀井も沖縄で野田氏と会って密談してたらいい。なぜ東京で会わない? しかも野田氏はその時も偽名を使ってたそうだ」
「沖縄開発事業に繋がる。そう言いたいんですね?」
「サイバーファクトリーなんだけど、大手広告会社の影もちらつくんだ。その広告会社の合弁会社と提携してるんだよ。沖縄県知事もその広告会社の後押しを受けて当選してるし。何か大きな得たいの知れない連合体があって、それに逆らう者はみんな潰されていく、なんだかそんな社会になってきた気がするな」
「前に福本さん、沖縄は利権の島だって言ったじゃないですか?」
「まだ気にしてたの? 俺が思ってるんじゃなくて、そう思ってるヤツがいるってことで。泡盛利権、牛肉利権」
「泡盛は特産品だからわかる気もするけど、どうして牛肉なんですか?」
「クミちゃん、気がつかなかった? 東京の牛肉高いだろ? 沖縄はアメリカ統治時代が長かったから牛肉の値段が安く据え置かれて、本土復帰後もまだ価格差が残ってるんだよ」
「そこに助成金がばらまかれてるってことですね?」

 沖縄を去る前日、俺はクミに誘われて那覇に近い宜野湾市のトロピカルビーチにレンタカーを走らせた。陽はすでに地平線に近づいている。太陽まで続く道のように、波の上に一筋の光の帯ができている。
「クミちゃんはウチナンチュだったよな」
 クミが黙ってうなずく。
「戦前は博徒や的屋とは縁のない平和な島だったらしいね。それが基地ができたおかげで武器が調達しやすいってことで、暴力団の武装化に拍車がかかったんだよね。90年の抗争では高校生まで巻き添えで亡くなってるんだよ」
「父から聞きました。……ねえ、福本さん、今度は休暇で来てくださいよ。案内しますから」
「うん、そうしようかな」
 俺はクミの方を見た。俺が事件の話ばかりしていたせいかずっと険しかったクミの表情に、少し穏やかさが戻っていた。落日の空のグラデーションやビーチに鳴り響く波の音が、クミの心を和ませたのかもしれない。
「あ、そう言えば皆既日食、ここで見れるの?」
「そうそう、今年の夏ですよ」
 クミの顔がパッと輝いた。
「クミちゃんって、そういう笑い方する子だったんだよな。いま思い出したよ」
「あたし、そんなに暗かったですか?」
 風が一段と強くなった。ついさっきまで赤い色が滲んでいた遙かな海を、漆黒の闇が呑み込んだ。  







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル