お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  のたうつ大陸

 もう日が暮れて久しいというのにむせ返るような熱気の中、私は飛行機のタラップを降りた。やはりアフリカの暑さは質が違う。ここはコンゴ民主共和国の首都、キンシャサだ。もちろん遊びに来たわけではない。これから2年間、私にはNGOの医療活動という重い任務が待っている。そんな緊張感を噛みしめながら、私は迎えに来てくれているはずの同僚のナオを捜していた。
「しばらくだね、ミサキ」
「ナオ、ずいぶん精悍になったね。わかんなかったよ」
 ナオは大学時代からの友人だ。運転手付きのクーラーの効いた四駆でラ・ゴンベ地区に向かう。そこには官庁、商店、高級住宅等が建ち並び、この首都キンシャサでは最も安全性の高い地区である。私たちNGOもここで活動している。

 私たちが出会ったのは2001年のインド西部地震、グジャラートでだ。2人ともまだ学生で、初めて海外のNGO活動に参加した。ほとんど戦力にはならなかったが、私たちには貴重な体験だった。私たちはそこでビジネス化した欧米のNGOの実態を垣間見た。
 欧米のNGOは事があると真っ先に駆けつける。結果、メディアの注目を浴びる。しかし、引き揚げるのも案外早い。一方、日本のNGOは立ち上がりこそ遅いものの粘り強く活動を続ける。最後まで現地にとどまり住民の健康やメンタル面をケアし続けたのは日本のNGOだった。だから現地の人たちには感謝されたわけだが、メディアには取り上げられなかった。

 ナオは大学を卒業すると、フランスのNGO養成スクールに進んだ。フランスはプロフェッショナリズムを掲げて専門化路線をひた走るNGO最先進国だ。そこで凄まじいスケジュールをこなし終えた者だけが実働要員に選抜され、主にフランス語圏の途上地域に派遣されて現地スタッフを雇い統括する。現地スタッフとの間に築かれる強固な上下関係には批判も多い。しかし、フランスはこのやり方こそ最も効果的であると考える。ナオはフランス語を磨いて教育部門に携わる道を選んだ。
 私の方は医学部を卒業して長崎大学の熱帯医療研究会に進んだ。実地の臨床を体験してみたい気持ちもあり、またインドでの経験やナオのこともあって、私もナオの道を追うことにした。キャリアに少しばかり箔を付けたいという思いもあった。要するにナオのような純粋な動機ではなく、自分のためである。でも私は、一途なナオを尊敬していた。

 ナオに遅れること3年、私はなんとか養成スクールの履修を終え、2年間キンシャサに派遣されることになった。この間にナオはすでに華々しい実績を挙げていた。ナオの最初の赴任地は、コンゴ共和国のブラザビル。ここでナオは現地の教育活動だけでなく、大統領の不正蓄財を追及する。フランスの法律では、公金を盗んでフランス領内で蓄財することが禁止されている。パリやニースなどに大邸宅を構えたりするのだが、本人は大統領特権に守られている。しかし、その不正蓄財には家族名義のものも多い。ナオたちのNGOはそれを調べ上げて法廷に提訴した。この活動が波紋を呼び、元フランス領ハイチの軍事独裁者の有する資産凍結の解除延期をスイス政府が決定した。ナオたちの活動が欧州中に広がりを見せはじめたのだ。
 ところがこの間にコンゴ民主共和国の政情が急激に悪化する。東部の町で元ルワンダ愛国戦線の兵士やツチ族の部隊が国連コンゴ監視団を襲撃した。東部にはフツ族が多く暮らし、ルワンダ内戦がコンゴにまで飛び火した格好になった。これにより緊急援助が必要となったコンゴの首都キンシャサや東部の拠点ゴマにフランスを中心としたNGOが集結する。ここもフランス語圏なのだ。そこで急遽ナオがキンシャサに呼ばれ、私も医療事情改善のために呼ばれた。

 翌日から早速、私の初仕事が始まった。私が統括しなければいけないのは医療部門。まず喫緊の課題は、子ども達や妊婦の栄養・健康状態の改善だ。感染症の蔓延も危惧されるし、HIVについての報告書もまとめないといけない。それから診療所の衛生レベルを引き上げて、医療スタッフを育成する。2年間でできることは限られているが、道筋だけはつけていかないといけない。
 一方のナオは、やる気のある若者に教師の資格を取らせる道筋をつけ、子ども達の学べる場所を確保して回る。そしてこれは私にも教えてもらえなかったが、現大統領の不正蓄財についても密かに調べているらしい。
 しばらくして、私はあることに気がついた。ナオが他の欧米のスタッフたちと一線を置いていることに。
 例えば私たちスタッフは、現地人とはカップルにならないようにという教育を皆受けている。それが安全対策だというのだ。ところがナオだけは、堂々と現地の男の子とつきあっている。またここは音楽が盛んな地で、10以上のラジオ局や民放テレビすらキンシャサにはある。サハラ以南のアフリカでは極めて珍しい。しかし白人スタッフたちはCNNや外国の衛星放送にかじりつき、ノートパソコンでパリのNGO本部とばかり連絡を取りあっている。ナオだけが現地の男の子とつきあい、現地のラジオで地元の音楽を聴き、現地の言葉も学ぼうとしていた。

 私はこの地を踏んで、今のNGOのあり方に疑問をもつようになった。きっとナオもそうなのだろう。それは私たちが白人ではないからかもしれない。
 NGOのシンボルカラーで彩られた四駆が行き交う分厚い扉に守られた内側で、若い欧米のスタッフたちが現地スタッフを駒のように動かし、食糧や仕事をキンシャサの人々に分配する。問題は、そんな目に見える光景だけではなかった。
 例えば難民キャンプのあるゴマ。ここには世界中から人道支援の組織と金が集まってくる。ホテルが建ち、国連関係者の邸宅が建ち、そのおこぼれに与った地元の暴力団の懐が潤う。キンシャサのある人類学者はこう言った。
「コンゴで金持ちになる方法は3つある。政治、宗教、NGOだ」
 モブツ元大統領時代の援助のあり方は政府間協力だったが、いまはそれぞれのNGOが行政機関と個別の協定を結ぶ。有利な団体登録を得たNGOは、受け入れ国で大きな特権を得られる。モブツ失脚後に態勢を固めた政治家や軍幹部たちは、援助組織とうまくなれ合った。

 そんな私たちNGOの姿を冷ややかな眼で見つめているのは、無一文のキンシャサ市民だけではなかった。あまり知られていないが、コンゴには非常に多くの地元団体や開発NGOが存在する。地元団体からの申し出を軽視し見下しがちな欧米NGOに対し、従属するのではなく時間をかけても自立をかちとりたいと言う関係者もいた。
 私は時間があればキンシャサのスラム街を訪れるようにした。ある日、小さなキリスト教系の慈善団体がそんなスラムで活動していることを知り、その寄宿舎と教室に行ってみた。教室は30平方メートルくらい。トタンで囲われたその教室で無資格の教師が教え、地元団体が僅かな予算で30人ほどの子どもを引き受けている。それでも路上で暮らす子ども達に比べてはるかに表情は明るく賑やかだ。路上の子ども達から見れば、そこは羨望の場所だった。
 こんな場所に欧米NGOのスタッフが足を運ぶわけないな、そう思いながらも私はそのことを聞いてみた。その瞬間、教師たちの顔が輝いた。一人のフランスNGOスタッフが半年ほど前からここにしばしば足を運んでくると言う。そのスタッフは日本人だというのだ。
「名前は?」 
 その質問に答える代わりに、教師の一人が一枚の写真を大事そうに見せてくれた。笑顔の子どもたちに囲まれて、小柄な若い女性がちょっとはにかむように立っている。ナオだった。ナオはこの2人の無資格教師が資格を取れるようにと、自習用の教材を届けていたのだ。ナオ、あんたはやっぱり他のスタッフとは違う。あんたはヤマトナデシコの鑑だよ。
 帰り際、みんなが笑顔で見送ってくれた。これだ。私がずっと見たかったのはこの笑顔なんだ。

 あっという間に1年半が過ぎた。いろんな思いはあるが、ともかく後任への道筋だけはつけられそうだ。現地の医療スタッフの成長には目覚ましいものがあった。あとはHIVについての報告書だ。そう思っていた矢先、ショッキングなニュースが飛び込んできた。
 エチオピアのオガデン地方で医療活動を終えて帰路に就いていた医師と看護師が、武装集団に襲撃されソマリア領内に連れ去られた、その一人が日本人だというのだ。2人が所属するNPO世界の医師団は、それ以上の情報は出さなかった。ほどなくその日本人は30代前半の女性で、私の所属していた長崎大学熱帯医療研究会に籍を置いていたことがわかった。

「ミサキ、知ってるか? 彼女のこと」
「赤城さんでしょ? 学会で何度も会ってるよ。ショックだな」
「ソマリア領内を連れ回されたあげくに、いまは首都のモガジシオか」
「記者会見見たけどかなりやつれてるよ。犯行グループってイスラム系?」
「いや、それはない。イスラム過激派ならまず真っ先の自分たちの名前を名乗って、その正当性を滔々と主張するから。物取りの武装集団だよ」
「でもソマリア人の政治犯釈放とか要求してるよ」
「それはあとからとってつけた理由。2人はエチオピア領内でソマリア系住民の面倒を見てたのよ。ソマリア人からも石を投げられるようなことして非難浴びたから、急遽政治犯をきどっただけだよ」
「じゃ、やっぱりお金? NPOは払うかしら?」
「ミサキ、あんたはほんとウブだね。NPOが払うわけないじゃん」
 ナオは確信をもって言い切った。
「さっきソマリア人のジャーナリストから電話で聞いたんだけどさ。最初に襲撃をかけたのは8人くらいの村の武装集団。彼らが要求したのは数十万の身代金だって。そこで村の長老とオガデン地方のエチオピア反政府勢力が仲介に入って交渉を始めた。その内容は、犯行グループの身の安全は保障するから身代金は諦めろ。で、怒った武装集団が拒否して別のグループに2人を転売した。それが繰り返されて身代金がいつの間にか億単位につり上がった、と。このNPOはお金ならあるのよ。パレスチナで億単位のプロジェクト計画してるし。ただボランティアの身代金に払うお金はないってこと」
「じゃあ見捨てるわけ?」
「そうじゃないよ。ただ自分たちの懐が痛むのは困る、と。今頃日本政府にネチネチ言ってると思うよ。うちは出せないからオタクが出してくれって。武装集団もビジネスだから、あとは日本政府と金額の交渉じゃない?」

 1カ月が過ぎ、2カ月がたった。交渉が進展している気配はない。私の元には熱帯医療研究会の関係者から連絡が入った。日本と看護師の住むオランダで、有志が寄付集めを始めたらしい。私も僅かな額だが協力させてもらった。でも身代金の額から考えたら焼け石に水だろう。
 その間に日本の新聞社が赤城医師に電話取材を行った。2人は活動を終えて帰るところを待ち伏せされたと彼女は日本語で話した。

「待ち伏せか。待ち伏せなんて、内部に通謀してる人間がいないと無理じゃない?」
 私はナオに聞いた。
「じつは1年くらい前、エチオピアのやっぱりあのあたりでアルゼンチン人の医師と看護師のペアが消息を絶ったんだ。彼らも世界の医師団だったんだよ。おかしいね、立て続けに起こるなんて」
「ねえ、ナオ。やっぱり変だよ。2人はミッション遂行中だったんじゃないの? それなのに1円も払えないなんて」
「そこが彼らの巧妙なとこなんだよ。もしあたしが彼女の上司でミッションが存在してたとする。あたしはその日のうちに関係書類をシュレッダーにかける。そうして組織とスタッフとの繋がりを消してしまう。いざというときは自己責任、そういう念書は取られてるからミッションの痕跡さえ消してしまえば問題なしと」
「世界の医師団はミッションだと認めてない? じゃ無許可で行ったと?」
「だからだんまりだって」
「あたしたちのNGOでも同じことが起こりうるわけ?」
 ナオは静かに頷いた。
「あたしたちは鵜飼いの鵜なのよ」
「ナオ、あなたはエリートじゃない。自分の仕事を否定するの?」
「否定なんかしてないよ。鵜飼いの鵜だってちゃんと魚は獲れるんだ。ただ悲しいことに、鵜の首には紐がついていて、その紐の先はあたしたちには窺い知れない人間が握ってる。あたしはそれを言いたかっただけ」
 私は黙って聞いていた。
「ミサキ、これだけは忠告しとくよ。組織は絶対に信じるな!」

 いよいよ帰国の日が来た。私の指導した医療スタッフたちには、もうしっかりとしたプロ意識が根付いていた。その半面、いろんなことに気づかされた。究極まで行き着いてしまった欧米NGOの合理主義。志はあっても非力な地元団体との乖離。現地の人々の反感と羨望のこもった眼差し。安全対策のために引きこもり、その壁を乗り越えようとすれば危険と向き合わなければならない現実。
 私は一枚の写真を思い出した。キンシャサのスラム街で子ども達に囲まれて照れ笑いを浮かべていたナオの写真を。そしてナオの言葉を。
「鵜飼いの鵜だってちゃんと魚は獲れるんだ」

「ナオ、いろいろ世話になったね」
「それはお互いだよ」
「ねえナオ、あの青年とはどうなの?」
 私はずっと聞きたかったことを聞いた。
「うーん、どうなるんだろうねえ。あたしも自信がないし、彼も自信がないってとこかな」
 私は何とかナオを一緒に連れて帰りたい、少なくともその言質をとりたいという衝動に駆られた。
「ナオ、帰国したいとは思わない?」
「したいとかしたくないじゃなくて、当分できないもん。一段落ついたら考えてみてもいいかな。でもその一段落が5年先なのか10年先なのか、あたしにもわからない」
「ナオはみんなに頼られてるからな」
 私は立ち上がると黙って右手をナオの方に差し出した。
「ナオ」
 そう呼びかけた。一呼吸するとナオも立ち上がった。そして右手で私の右手をつかむと、これでもかとばかりに力を込めてギュッと握った。私も負けじと思い切り握り返した。なんだか笑いが込み上げてきて、2人で声をたてて笑い合った。

 飛行機は高度を上げていく。眼下には赤茶けた起伏に富んだ広大な大地が広がっている。飢餓と殺戮の絶え間なく続く煉獄の大陸だ。急にとてつもない疲労感と睡魔が襲ってきた。まだパリ本部での報告という最後の仕事が残っている。私はつかの間の深い眠りに落ちた。

 帰国直後、嬉しいニュースが待っていた。赤城医師とオランダ人の看護師がケニアのナイロビで解放されたのだ。犯行グループの1人は、十分な身代金を受け取ったからだと取材陣にその理由を答えたらしい。世界の医師団はそのホームページ上で、解放の事実だけを短く伝えたのみだった。
 その1年前に消息を絶ったというアルゼンチン人の医師と看護師の行方は、いまだ杳として知れない。







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル