お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  闇からの招待状

 長い夏休みは、もうすぐ終わろうとしていた。私は都内の大学院に通う1年生。課題も夏のアルバイトも終わり、新学期を2週間後に控えていた。
 やっと自由になれた。お小遣いも少し貯まった。さて何をしようかな。思えば大学時代の友達はみな就職したり、田舎へ帰ってしまった。私は神戸の実家から離れて一人暮らし。いまの解放感をぶつけられる相手はいなかった。

 その夜、私は英語の出会い系サイトに初めて登録した。日本の出会い系には、大学時代に一度だけ登録したことがある。単なる好奇心からだった。案の定というか、サイトの男は下心丸見えだったり、援交探しのオジサンとかそんなのばかり。すぐに飽きて退会した思い出がある。
 その英語出会い系サイトを知ったのは最近のことだ。私は子どもの頃、父の仕事の都合でいろんな国に住んだ。長かったのはイギリスだ。なんとなく英語圏の人と話がしてみたくなった。といっても英語の勉強にもなるし、暇つぶしにすぎないことに変わりはなかった。

 私は早速、掲示板にメッセージを書き込んだ。
「子どもの頃、ロンドンに住んでいました。趣味はフルートとクラシック音楽です」
 翌朝、私のメールボックスにエドワードからのメールが届いていた。
「僕はロンドン在住。友達がロンドンフィルでバイオリンをやっている。いまは休暇でマレーシアにいる」
 送られてきた写メは、こざっぱりした好青年に見えた。マレーシアなら近いな、私はふと思った。
「マレーシアにはいつまで? お一人ですか?」
「今月いっぱいだ。仲間が大勢いる。ロンドンのカレッジに通ってるマレーシア人の子に誘われて、友達と来たんだ」

 それから数日、私はエドワードと何度もメールを交わした。その夜は、何となく胸が騒いでいた。もう寝ようと思い時計を見た。ちょうど日付が変わったところだった。どうしても気になって、またサイトのメールボックスを覗いた。やっぱり来ていた。
「今度の29日、僕の誕生日なんだ。パーティーをやるんだけど、君も暇なら来てみないか?」
 添えられてきた写真には、白人男性がもう一人と中国系っぽい小柄な女の子が写っていた。それにエドワード。この女の子がロンドンの大学生なのかな。
 マレーシアなら近いし安全だし、ビーチもあって楽しそう。行っちゃおうかな? こんなマンションの部屋にくすぶってられないわ。えーと、Tシャツとショートパンツ何着か、それに水着があれば十分よね。明日起きたら、安いチケット探してみよっと。
 私は焦っていたのかもしれない。残された休暇中に、なんとか夏の思い出をつくりたかった。エドワードのメールもガツガツしたところがなくて、何となく安心してしまった。

 クアラルンプールは飛行機の窓からは、緑豊かな大都会に見えた。空港に降り立つと、一人の白人男性が近づいてきた。
「君がキョウコか?」
「ええ。エドワードね? 一人?」
「いや、車の中でガールフレンドが待ってる」
「写真の子? ロンドン、懐かしいなあ」
「キョウコ、マレーシアは初めてだろ? どうだろう。よかったら早速腹ごしらえでも」
 暮れなずんでいる空を一瞬見上げてから、私はうなずいた。

 乗用車の後部座席にはリンという女子大生が乗っていた。写真より小柄でおとなしく、清楚に見えた。私が助手席に乗るとエドワードはエンジンをかけた。
 エドワードはロンドン郊外にある父親の、輸入アンティーク家具や雑貨の店で仕入れを手伝っているという。東南アジアにはよく休暇で来るらしい。エドワードは写真に写っていたもう一人の男性を加えて、4人で食事をしようと言った。何の異存もなかった。
 エドワードはその青年を拾うと、海辺の郊外に向かって車を走らせた。

 常夏の涼やかな夜風に吹かれての食事は心地よかった。
「キョウコ、じつは今度、日本に行くつもりなんだが、そのときは案内を頼むよ」
「ええ、お安い御用よ。調度品の買い付けにでも?」
 エドワードはうなずいた。
「日本人の友達ができて、ほんとにラッキーだったよ。今日は僕の奢りだ」
 私たちはすっかり打ち解けた友人グループに、傍から見ても見えただろう。私はすっかりくつろいでいた。そして安心しきっていたせいか、妙に眠気が襲ってきた。
「キョウコ、もう疲れているようだからホテルまで送っていくよ」
「そうしてくれる? ありがとう」

 私は少し覚束ない足取りで先に店の外に出た。漆黒の闇に波の打ち寄せる音が聞こえた。夜風が心地よかった。そのとき、リンが近づいてきた。
「キョウコ、そのショートパンツ、とてもよく似合ってるよ。キュートだわ」
 リンが私の黒のショートパンツを指さして言った。
「ありがとう」
 そう返事をした瞬間、急に体が傾いたのを感じた。倒れそうになった私をリンが素早く抱き留めた。意識がだんだん遠のいていく。
「何してるの、早く!」
 リンが険しい口調で店の方に向かって度鳴った。そこから先は、何も覚えてはいない。

 気がつくと、私は薄暗いマンションの一室の片隅に転がされていた。両腕は背中の上の方で組まされ、きつく縛り上げられて動かせない。胸のところに何重にも巻かれた太いロープが、足首にも同じように巻かれているロープが見えた。そして私の目の前にもう一人、私と同じようにして手足を縛り上げられている女性がいた。私は彼女の顔を見てハッとした。明らかに殴られてできたと思われる大きな痣が、左眼の周りにあったからだ。
 私は部屋を見回した。そこにはエドワードもリンもいない。代わりに大柄な黒人男性が3人、その3人が一斉に私の方を見た。
「エドワードは?」
 私はそのうちの一人に問いただした。
「俺がエドワードだよ」
 その声は、全く違う方角から聞こえてきた。
「あなたがエドワード?」
 私はキョトンとしてその声の方に向かって言った。その黒人の男は一瞬間を開けると、ニタリと笑って私に言った。
「そうだ。俺がエドワードだ」

 私は目の前で私と同じような姿で転がされている女性のことが気がかりになった。どう見ても未成年に見えたのだ。
「あなた、どこから来たの?」
 私は思いきって聞いた。
「アフガニスタン」
 彼女は大きな瞳で私を見つめて答えた。
「大丈夫? 顔の他にも殴られた?」
「鞭で、お尻とか」 
「よけいな話をするな!」
 私はエドワードと名乗る男に度鳴られ、傍にあった杖でお尻のあたりを数発殴られた。

 男たちは部屋を出ていくとき、私とアフガンの少女にきつい猿轡を噛ませていった。騒がれるのを防ぐためだけでなく、私とアフガンの少女が会話することを嫌ったのだ。手足のロープも弛まないように、もう一度きつく縛り直された。
 しばらくして部屋を訪れたのは、リンともう一人、同じ年格好の華僑系らしい女性だった。この女性もリンと同じく、誘き出し役なのだろう。
「そんな怖い目で見ないで。日本の家族に電話して、お金を払えばあなたは自由になれるよ」
 リンはそう言いながら、私が手足を縛り上げられて猿轡を噛まされている写真を携帯電話で何枚か撮った。何に使うつもりなのだろうか。それからリンは私の猿轡をはずして、家族に電話をかけるように強要した。
「ロープを解いて!」
 私は交換条件を提示したが、リンは即座に大きく頭を振った。
「あなたに逃げられたら、あたしがただでは済まなくなるよ」
「じゃあ教えて。主犯はあの黒人3人組ね。あなたは誘き出し役。あのエドワードは?」
「ただの食い詰めた旅行者だよ」
 そういう構図だったのか。
「あのアフガンの子も放してやって。お願い」
「あなた、自分の心配をした方がいいよ」
 リンはそう言って、私の目の前に携帯電話を突き出した。

 電話口に出たのは母だった。
「お母さん、あたしだよ」
 私がそう言い終わると、リンが携帯を私の口元から離した。
「私は入国管理官です。娘さんはドラッグの件で身柄を預かっています。わが国は薬物には大変に厳しいですよ。眼をつぶってあげてもよいのですが……1万ドル用意できますか? それともこのまま警察に連行してよいですか?」
 手口がマニュアル化してるなと思った。あの携帯に撮られた緊縛写真も、いざとなったら脅しに使うつもりなのだろうか。

 リンが見張り役の間は私たちの縄を少し緩めてくれ、要求すれば粗末な食事も口にはできた。でも私はともかく、アフガンの少女はかなり衰弱していた。身代金の交渉もうまくいっていないのか、リンも彼女には冷たかった。もっとも、私の方の交渉がどうなっているのかもさっぱりわからない。
 1週間が過ぎたとき、黒人のエドワードがやって来た。エドワードは妙に機嫌がよかった。リンとなにやらヒソヒソ話をすると、私の方を指さした。何かが動いた感じがした。
 リンが手に注射器を持って近づいてきた。私は縛り上げられた格好のまま身をよじって抵抗したが、リンは委細かまわず私のショートパンツをまくって注射針をお尻の肉のあるところに突き立てた。

 目が覚めると、そこは車のトランクの中らしかった。手足の縄もきつくなったのに加えて、猿轡もまた噛まされていた。悪路を高速で走っているのか、体は何度もバウンドしてトランクの壁にぶつかった。それにTシャツにショートパンツとはいえ、まるでサウナの中にいるようだ。苦しい。
 車がようやく止まった。トランクを開けたのは、黒人のエドワードの仲間だった。男は私をお姫様抱っこすると軽々と運び、明け方の誰もいない道端に仰向けに横たえた。まっすぐな道路で、あたりは荒れ果てた畑のように見えた。男たちは縛られたままの私を置き去りにして立ち去った。

 陽が昇りきってしばらくしたとき、一台のトラックがこちらに向かってきた。といっても私は、手を上げることも叫ぶこともできない。蓑虫のように無様に転がっているしかなかった。
 トラックは急ブレーキをかけて私の前で止まった。運転席から若い男性が飛び出してきた。そして、私の猿轡をはずしてくれた。
「どうした?」
「ずっと誘拐されていたんです。助けて」
 男性はあたりを見回した。ひどく警戒しているようだった。
「君はどこから来たんだ?」
「日本です」
 男性は小さくうなずいてまだ手足を縛られたままの私を抱き上げて、トラックの荷台に仰向けに寝かせた。
「誘拐団の一味がまだ近くに潜んでいるかもしれない。それにこんなにきつく縛られてるんじゃナイフが必要だ。ここは危険だから早く出よう。次の町にうちの会社の倉庫がある。信用してくれ」
「はい」
 私は泣きながらそう言った。

 やがてトラックが止まると、さっきの男性が鉈のようなものを持って荷台に乗り込んできた。まず足首を、それから背中に回ってその大きな刃物で太いロープを切ってくれた。やっと両手と両脚が自由になった。紫色に変色した両腕のロープの跡を見ながら、私は泣き崩れた。
 私はクアラルンプールの警察に案内された。じつは、同じ手口の誘拐事件が最近、同国で頻発していたのだ。私の両親は飛行機でこちらに向かっているという。
「犯人のアジトに、まだ捕らわれている子がいるんです」
「もう犯行グループの絞り込みは進んだ。アジトも先ほどわかった。もうすぐ踏み込めるはずだ」
 私は少し冷静になった。

 誘拐団は翌日、摘発された。ナイジェリア人の3人組、白人の男2人、華僑系マレーシア人女性2人の計7人が逮捕され、アフガンの少女も同時に救出された。両親から被害届を受けた警視庁がマレーシア警察に捜査協力を要請し、現地警察は密かに動いていたのだ。ところで黒のショートパンツ姿の私の緊縛写真を納めたあの携帯電話は、どうなったのだろう。

 新学期が始まった。日本は平和だな、と思う。でもその日本にも、ナイジェリア人系の誘拐シンジケートが密かに潜り込み始め、警察は警戒を強めているという。そんな新聞の小さな三面記事に、ふと目が留まった。  







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル