お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  風待つ島

 渡鹿野島は三重県志摩市の伊勢志摩国立公園に属している。リアス式海岸の湾の奥に位置し、外海から隔てられた波穏やかな島である。古くは風待ちの港として宿ができ、遊郭街が栄えた。今日、島の主産業は観光で、家族連れなども誘致すべくビーチの整備などに取り組んでいる。が、この島には影の顔がある。若年女性人口の比率が際だって高く、風俗関連の斡旋所が島中に点在している。警察や報道関係者を警戒して島全体に独自の情報網を敷き、写真撮影も制限するなど治外法権の様相すら呈していた。本土との交通は定期船もあるが、多くの家庭では漁船などを所有し、独自に送迎に用いているケースも多い。
*
 私は関西の大学を出たあと、地元伊勢市の出版社に就職した。編集記者として。学生の頃、ジャーナリスト志望だった私は東南アジアの取材旅行に出た。そこで目にしたのは、農村の貧困と人身売買の現実だった。ミャンマー北部では少数民族の子供達は中国農村部へと売られていく。男の子は労働力として、女の子は嫁不足解消のために。タイでは誘拐がビジネスとして流行っていた。
 私のタイ滞在中にも大きな事件があった。タイ北部、首長族の少女が韓国人ビジネスマンを自称する集団に攫われ、見せ物として南部の観光地に売り飛ばされたのだ。幸運にも事件は発覚して少女は保護され、拉致グループには逮捕状が出た。だが多くの場合、犯行グループが根回しをして地方政府や警察関係者に賄賂をばらまけば闇から闇である。さらには臓器売買ビジネスという恐ろしい噂まであるが、こちらの本場は中国らしい。
 もっと深刻なのは、これがよその国の話として片付けられない点である。タイからは多くの女性が身を売って日本に入国する。その元締めは40代の女性で、日本の大手マスコミも接触したことのある人物だ。仲介するのはタイと国交のある北朝鮮の商社である。その代表は日本に住むYという人物。密輸の噂も絶えない怪しさこの上ない人物だが、アンタッチャブルな総連の庇護下にあった。私はふと思う。タイから日本へ女性を組織的に売買するルートがあるのなら、その逆も可能なのではないかと。そう言えば、八尾市で行方不明になった若い女性がタイで発見されたという話も聞いたことがある。大阪のレストランで店長らが起こした女性客の拉致監禁事件も、その筋が関わっていて、海外に売り飛ばそうとしていたという噂が絶えなかった。
 とりあえず私は帰国して写真展を開催することに決めた。この貧困と人身売買の現実をより多くの人に伝えなければならない。そしてそれは対岸の火事ではない。国内でも私は、女性の人身売買というテーマに粘り強く取り組んでいく決意を固めていた。

 渡鹿野島のことは幼い頃から知っている。私の出身地、一志郡から島は近い。売春島。警察の手の届かない島。そこには私が取材してきたタイやミャンマー出身の若い女性も大勢いるらしい。私の足が渡鹿野島に向かったのは必然だった。私は出版社で地元の旧跡や観光スポットを取材する傍ら、休日には定期船で島に向かった。 
 初めて島に上陸したときの異様な感覚を、いまでもよく覚えている。いきなり船着き場の中年女性に私は呼び止められた。
「あんた、ひとり?」
 彼女の鋭い眼差しは私のカメラに向けられていた。
「地元の出版社の者です。観光スポットとか取材してるんですけど」
 彼女の表情が少し緩んだ。
「ああ、あの出版社の人? あんまりバチバチ撮らん方がいいよ。それから夜は、ひとりでは出歩かんことだね」
 その言葉には警告の響きが滲んでいた。私は今夜の宿を探すためにメインストリートに向かうことにした。ホテルなどもそれなりにあり、一応観光地の体裁は整えている。だが、何かがおかしい。部外者だから目立つのはわかるが、まるで見張られているようだ。私が某出版社の編集者であることは、行く先々の人々が皆知っている。私は慎重に行動することにした。とりあえず勧められた見栄えのいいホテルに泊まり、当たり障りのない観光スポットを見て回るような週末取材を重ねていこう。そのうちに、少しずつ島の内情もわかってくるはずだ。

 取材を初めて3カ月。私は島に溶け込みはじめ、置屋の女性などとも気軽に世間話ができるようになった。私は警告されていた夜の取材を始めることにした。日本語も覚束ない売春宿の外国人をターゲットに選んだ。日本人の売春婦も確実に存在するが、タイやミャンマー出身の女性の方が私としても話がしやすい。
「アンタのこと、みんな知ってるよ。気をつけた方がいいよ」
「ありがと。でもそんなんじゃないって。あなたがタイ国境に近いミャンマー出身だって聞いたから。この間行ってきたばかりなんだよ」
 私は地図を取り出して辿ってきたルートを示し、写真を見せた。昔を懐かしがるようなその瞳から、私への警戒感が薄れるのを感じ取ることができた。今日はここまでにしようと思った。
 この島には警察は存在しない。自警団のようなものに守られている。守られているのは島民というより、島の秘密であろう。そのボスのような漁師の男に、私は釘を刺された。
「いつまで取材してるんだ? 雑誌にも何も出てねえじゃねえか」
「特集で組みますよ。私、何もトラブル起こしてないでしょ?」
「ふーん、そんなに長い間取材する価値のある島かよ」
 明らかに私を疑っている。
「この島を観光の島として開発していく、町長さんのお手伝いしてるだけですよ」
 私は広域暴力団の影を探していた。日本のマル暴はタイ、ミャンマー、ラオス国境のゴールデン・トライアングルまで薬物利権を求めて進出している。人身売買もシノギにしているはずだ。そんな私の真意を、この男は気づいているかのようだった。

 ある日の午後、職場でふと携帯メールを確認すると、見知らぬ男性からの着信記録がある。誰だろう。思いを巡らせつつメールに目を走らせた。
「先日はすまなかった。私の誤解だった。直接お会いして謝りたい」
 あの渡鹿野島の漁師だ。男は町長にも会ったらしい。島のためにも取材に協力したい、いま伊勢市に来ているのでこれから会えないかという。妙に唐突だったが、ここは渡鹿野島じゃない、会社の近くなら大丈夫だろうと思い承諾の返信メールを送った。まだまだ取材は緒に就いたばかりで、島のボスを敵に回すわけにもいかない。伊勢市内の損害保険会社の駐車場を指定された。男はそこに車で来ることになった。私は念のため同僚に事のいきさつとこれから会う男の名前を手短に話しておいた。

 仕事場を出たのは夜11時近かった。駐車場まで小走りで急ぐと、男は黒っぽい車から身を乗り出すようにして待っていた。
「この間は失敬した。町長にも怒られたよ。少し話したいことが」
 男は車の助手席に私を誘った。車の中しか話のできる場所はなかった。
「5分か10分ですむ。あの島には血の気の多いヤツが多いから、あんたに悪気がなくても外人女に取材したりしてるとこ見つかると厄介なことになるぞ。あんたのために言ってるんだよ」
 私は車に乗る決心をした。
「手短にお願いします」
 私はドアを閉めた。その瞬間に、後部座席にもう一人、男が乗車していることに私は気がついた。身の危険を感じて再びドアに手をかけた瞬間、後部座席の男が細い紐のようなものを私の首に巻き付けた。そして力を込めた。私が必死に首と紐の間に両手の指を滑り込ませようとあがき始めたその時、冷たい銃口が脇腹のあたりに当てられているのに気づいた。漁師の顔からは先ほどまでの笑みが消えていた。漁師の指図で後部座席の男は紐をしまった。ほっとしたその瞬間、みぞおちのあたりを強く殴られた。今度は後頭部を銃口らしき部分で殴られ、私は気を失った。

 長い夢を見ていたような気がする。それは幼い頃、この地に引っ越してきたときに初めてみた伊勢湾の島影や阿古屋貝の光沢や、むせるようなミャンマー北部の土埃や濁ったメコン川や、子供達の笑い声やらだった。
 ふと体を動かそうとしたが手が動かない。胸のあたりを見ると、頑丈そうな太いロープが幾重にも巻かれている。舫い綱だろうか? 両手は背中で組まされた格好で巻かれていて、上下に腕を動かすこともできない。自由がきくのは指先だけだった。足下に目をやると、太いロープは足首にもきつく巻き付けられている。口には詰め物がされ、その上からタオルの猿轡ががっちりとはめられていた。壁に背がもたれかかるようにして寝かされていた私が見上げた先、天上から吊された仄かな光を灯す電灯は、大きく不規則に揺れていた。それは海の波による揺れだった。そこが貨物船らしき船倉なのはすぐにわかった。
 私は思い出した。気を失う寸前、目の前にはあの渡鹿野島の漁師がいた。ということはこれはあの男の船で、向かう先はあの島しかないことになる。渡鹿野島はいよいよ牙を剥いて、私を生け贄として呑み込もうとしていた。

 最悪の船旅だった。手足をぐるぐる巻きに縛り上げられたうえに、いつも以上に波が高く、船酔いに強い私も気分が悪くなった。船着き場らしき場所に着くと、船倉の扉が開いた。夜の冷気と闇が船倉の床に滑り込んできた。入ってきたのは、やはりあの漁師だった。男は私の足首のロープだけをほどいた。
「さあ、自分で歩け!」
 男はきつく縛られたままの私の右腕を乱暴に掴むと、私を立たせ、前に歩くようにグイグイと引っ張った。私はよろけながらも転ばないように足を速めた。夜も更けた船着き場に人影はなかった。すぐ近くに止められていた四駆の後部に、背中を強く押されて私は俯せに転がされた。男は私の足首をまた縛ると、後部のドアを閉めた。

 わずか数分のドライブだった。私は再び足のロープだけを解かれて車外に出た。そこは島はずれの小さな売春宿のようだった。男にまた腕をとられて人けのない玄関を上がり、二階への階段を上った。私は一番隅の狭い部屋に押し込められた。後から知ったが、そこはその売春宿の折檻部屋だった。まるで昔の吉原のような異次元の世界が目の前に広がっていた。男はまた私の足首を縛りながら言った。
「朝になったら、縄と猿轡はほどいてやる」
 男は立ち上がると、抵抗を諦めたように全身を拘束されたままぐったりと横たわっている私をしばらく見ていた。そして、少し穏やかな、満足そうな口調で言った。
「今夜はそうして寝ろ」
 外側から鍵がかけられると、部屋の中の饐えたような臭いに私は初めて気づいた気がした。

 翌日、半日ぶりに私は手足のロープを解かれ、猿轡をはずされた。漁師の男が食事と着替えを運んできた。私はこの男と行動を共にしてみて、この男は真のボスではないという確信を持った。夕べから、誰かが私を覗いている気がする。隣の部屋からなのか? 真のボスは、この捕らわれの身の私に影すら踏ませない用心深い男、つまりヤクザだろう。
「船で沖に運んで投げてもいいんだけどよ」
「殺さないの? ボスは誰? どこの組?」
「やっぱりオメエを攫ったのは正解だったな。オメエは殺さねえ。殺すにゃ惜しい体だ」
「ここで客でもとれと?」
「シャブ漬けにして顔変えて沈める手もあるけどよ、文屋さんじゃあな。まあオメエは輸出品だな」
「やっぱりね、警察も手を出せない仕組みがあるわけね」
「三重県警ごときに何ができる? お察しの通りよ」

 その夕方、私は漁師の男に初めての折檻を受けた。服を脱がされ、天上の梁から両腕をロープで吊されて、爪先立ちの姿勢にさせられた。その背中とお尻に、鞭が容赦なく飛んできた。ビシッという肉を裂くような音がしたその瞬間、熱と痛みがお尻と背中を襲う。私は激痛と屈辱感に唇を噛んで必死に耐えた。泣いたり叫んだりはできない。男の魂胆はわかっていたから。この部屋の隣は女達の部屋で、まだ客をとる前の時間帯だ。鞭の音や叫び声は筒抜けになり、彼女達に恐怖を植え付けることになる。
「オメエの経歴はもう調べ上げた。舐めた真似しやがって」
 男は右に回り、左に回り、あるいは真後ろから、立ち位置を変えてはいろんな角度から鞭を振るった。お尻全体が腫れ上がり、もう打たれた瞬間に鞭の先がどこに当たっているのかさえわからないほどだった。
 突然、鬼の形相で鞭を振るい続けていた男の手が止まった。右手で鞭を握ったまま、その鞭の先を床に垂らして私の方に近づいてきた。そして左手で私の顎を掴むと、無理やりに自分の顔の方に向けさせた。
「オメエ、やっぱいい根性してんな。逃げようなんて気、起こすなよ」
 男は笑いながらそう言うと、鞭を床に投げ捨てて出ていった。

 昼間は自由が与えられていたが、ドアの外には交代で見張りがついていた。だが夜になれば、毎晩必ず高手小手に足首も縛り上げられて猿轡を噛まされる。最初の晩と同じように。ロープが緩められたり巻かれる数が減ることはなかった。
 だが人間の適応力のなせる業か、きつく縛り上げられた姿勢のままでも私は少しずつ眠れるようになった。夢の中では自由だ。歩き回ったり、好きな物を手に取ったり、話しかけたりできる。そして目が覚めた瞬間に、すべては夢だと悟る。手も足も縄をきつく巻かれて、口も塞がれている自分の惨めな姿を思い知るのだ。縄で体を縛られることは、心を縛られることでもあった。いつしか夜の夢までが縛り上げられていく。気持ちがだんだんと萎えていくのだ。
 折檻の恐怖もあった。あれから私は、些細なことで何回か折檻を受けた。その激しい鞭打ちは、私をひるませるに十分な効果があった。
 あの漁師の男は、縄と鞭の効果を十分に計算していた。

 その朝目覚めると、部屋の鍵を開ける音がする。ほどなく漁師の男が大きな旅行カバンを持って入ってきた。そしてその旅行カバンのジッパーを開けた。まるで旅支度でもするかのように、私をそのカバンの中に押し込むつもりなのだろう。私は荷物にまで堕ちてしまった自分を妙に冷ややかに受け止めていた。
 男は私を抱きかかえると、まず縛られたままの私の上半身を仰向けにして、開けたカバンの上にそっと降ろした。それからしばし考えていたが、答えが見つかったとばかりに今度はカバンの中の私の体を横向きにさせた。背中をカバンの縁に沿わせると、膝で折りたたんだ爪先までもがカバンに収まった。それからジッパーをゆっくり閉め始めた。あたりが真っ暗になった。私の眼の位置からは、通風のための小さな隙間から差し込む光だけが見えた。
 そのとき、足音が聞こえた。
「お待たせしました。これが、その商品です」
 漁師の男の口調はいままでに聞いたことのないものだった。目上相手に明らかに緊張している。
「よくやった。漁船で山口まで行けるか?」
「山口、ですか?」
「そうだ、山口で出荷だ」
 なんとかこの闇の男の正体が知りたい。せめてこの眼で見たい。私は手足を縛られたまま必死にもがいたが、旅行カバンの中ではどうすることもできなかった。
「風が収まったら出るぞ」
「なあに、すぐに収まりますよ。この島はそういう島なんです。ずっと昔から」    







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル